EOS M5と純正外部マイクDM-E1の相性はどうよ?

EOS M5と純正外部マイクDM-E1の相性はどうよ?

EOS M5と純正外部マイクDM-E1の相性はどうよ?

EOS M5

EOS M5はFHDでの撮影も可能になっているため、動画撮影にも十分対応できるミラーレス一眼カメラだ。

 

しかしEOSM5の内蔵マイクでは集音の質の面でやはり限界があるため、音質にこだわるのであれば外部マイクの使用が必須になる。

 

特に子供の発表会などで動画撮影を考えている場合などでは、やはり音質の良さが映像の出来に大きく影響を与えるものとなる。

 

EOS M5との相性が良い外部マイクとしてCanon DM-E1は外せない。

 

Canon 指向性ステレオマイクロホン DM-E1

3パターンの切り替えができる便利な外部マイク DM-E1

 

この動画はユーチューバーの瀬戸弘司さんがソニー DM-E1についてレビューしている。
動画7分10秒以降で実際に収録してみた音質を確認できるのでぜひ視聴してみよう。

 

実際にこの外部マイクCanon DM-E1をEOS M5に装着して撮影をしてみると、内蔵マイクとの音質の差は歴然としている。

 

このマイクには周囲の状況や自分の好みに合わせていろいろなパターンで集音が可能なのが最大の利点だろう。
基本的には3パターンあり、ショットガン、90°、120°である。

270EX-2

 

とにかく対象の音声をきちんと集音するということであれば、ショットガンでの集音となる。

 

これを使ってみると効果てきめんで、撮影対象の音声を確実に集音しつつ周囲の雑音を拾わないようにしている。

 

大勢の中で個人の声を集音したいというような状況ではショットガンタイプにすることで、音質の良い音声を録音できるようになる。

 

これに対してある程度全体的に音を取りたいものの、身近な雑音や余計な音を省きたいという場合であれば90°にしてマイクを使用できる。

 

こうする事で対象音声をきちんと拾いながら、周囲の音声も記念としてきちんと録音することができるようになる。

 

 

もちろんこの外部マイクにはウインド ジャマーも付いているので、煩わしい風切音もほとんど防ぐことができるようになる。

 

Canon 指向性ステレオマイクロホン DM-E1

 

撮影環境に合わせて集音角度を選べる

外部マイクのなかでもお買い得価格

うれしいウインド ジャマー付き

 
トップへ戻る