広角レンズEF-M11-22mmをEOS M5で検証してみた

広角レンズEF-M11-22mmをEOS M5で検証してみた

広角レンズEF-M11-22mmをEOS M5で検証してみた

EOS M5

 

EOS M5に広角レンズEF-M11-22mm F4-5.6 IS STMを装着し、使い勝手や撮影結果を検証してみたが非常に納得できるレンズであると確信した。

 

35mm判換算で18-35mmという通常の広角レンズよりも超広角レンズの部類に入るレンズであり、あらゆるシーンでの撮影に対処することができる。

 

レンズ内部にはシリーズで初めてとなる手ブレ補正機能が組み込まれたため、手で持ちながら撮影する時にもこのレンズは力を発揮するだろう。

 

この手ブレ補正だけでも十分だが、さらにダイナミックISによって手ブレ補正は強化されているため、動きながらでも動画撮影までできるようになっている。

 

Canon広角レンズ EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM

最短撮影距離15cm 寄れる広角レンズEF-M11-22mm

EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM

このように超広角という種類のレンズであっても最短撮影距離は15cmで最大撮影倍率は0.3倍であるためより被写体を目立たせるような写真を撮ることができる。

 

この超広角レンズの大きさはフィルター径55mm、最大径はレンズ収納時で60.9mm、長さは58.2mmである。

 

重量もレンズのみの重さで220gということなので比較的軽いレンズということになる。

 

実際に撮影を行ってみると、このレンズの特徴を余すこと無く実感することができる。

 

被写体に4cmまで近づいて撮影をしてみたところ、それでも周辺の景色まで十分撮影ができているので11mmという超広角になっている事をまざまざと実感させられた。

 

また絞り最大開放にして接写を試みたところ、この広角レンズでのボケ度はとてもバランスが良いように感じた。

 

Tough Life

 

写真は flickr EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM 作品から引用しています

 

単焦点レンズほどではないが被写体の前後のボケ度が異なっており、そのバランスが絶妙である。

 

遠い景色も撮影してみたが、フレアやゴーストの発生はほとんどなくレンズ9群12枚のレンズ構成を感じさせるような収差の少ないキレのある1枚となった。

Canon広角レンズ EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM

 

最短撮影距離15cmで寄れるレンズ

手ブレ補正機構搭載。手ブレに強い

超広角のダイナミックな写真が撮れる

 
トップへ戻る