Canon EOSkissX9iを購入する前に知っておきたいコト

Canon EOSkissX9iを購入する前に知っておきたいコト

Canon EOSkissX9iを購入する前に知っておきたいコト

EOS Kiss X9i

Canon EOSkissX9iは前モデルのCanon EOSkissX8iの後継モデルであり、Canon一眼レフカメラのエントリーモデル最新機だ。

 

ミラーレス機が主流になりつつあるが、やっぱりカメラは一眼レフ機がいい!と考える方にとってCanon EOSkissX9iは待望のカメラであるだろう。

 

Canon EOSkissX9iの購入を検討している方はkissX9iがどのようなカメラなのか?
kissX8iからどのように進化したのか?

 

よく知ってから購入したいと思うだろう。
ここではCanon EOSkissX9iを購入する前に知っておきたいコトを解説しよう。

 

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9i レンズキット

 

 

この動画ではユーチューバーのuzumaxさんがCanon EOSkissX9iがどんなカメラなのか分かりやすく説明してくれているのでぜひ視聴してみよう。

 

EOS Kiss X9i

Canon EOSkissX9iは、光学式ファインダーを持つデジタル一眼レフだ。

 

メーカーでは入門用一眼レフとしているようだが、一眼レフの良いところと誰にでも使える操作性を両立させている。

 

また、キャッチコピーが「イチガン画質をスマホでシェア」となっているように、無線通信によってスマホなどの他の機器とのデータのやり取りが得意なカメラでもある。
他のカメラのWiFiと違う点は、スマホとカメラの電源を消さない限り一度のペアリングで常時接続ができるところだ。

 

そして、EOSkissX9iの重さは約530gあまりとデジタル一眼レフとしては軽いし、コンパクトなボディだから非力な女性でも扱いやすいだろう。

 

というよりは、「kiss」という一眼レフにはあまり似合わない名称からわかるように、メーカーは若い女性あるいは小さい子どもがいる家庭のママが購入することを念頭に置いているのだろう。

 

Canon中級機クラスの性能を持ったEOSkissX9iの秘密

EOS Kiss X9i

簡単にCanon EOSkissX9iのスペックを見てみよう。

 

一眼レフカメラというとレンズ交換できるところが1番の魅力だが、レンズマウントが異なるとそのレンズは使えない。

 

Canonには、レンズのシリーズが3つあって、EFとEF-SそしてEF-Mなのだが、このカメラはEFとEF-Sの2つのレンズシリーズに対応している。
特にEF-Sシリーズのレンズと相性が良い。なお、レンズについては後でもう一度触れよう。

 

デジタルカメラは、レンズを通ってきた光が画像センサーで捉えて、アナログ信号をデジタル信号に変換してから、映像エンジンによって加工されデータが記録される。

 

このカメラの画像センサーはフルサイズより少し小さいAPS-CサイズのCMOSセンサーで、映像エンジンは最新のDIGIC 7を採用している。

 

画像センサーは2420万画素もあり、これとDIGIC7の働きで前モデルのX8iよりも繊細な映像が得られるようになった。

 

また、画像センサーの画素は2つの素子で構成されていて、これにより画素センサーの全ての情報を瞬時に取り込んでAFを動かすデュアルピクセルCMOSAFを採用している。
これでAFの性能が飛躍的に向上している。

 

 

Canon公式 EOSkissX9i 瞬間ライブビュー撮影から引用しています。

 

画像はデュアルピクセルCMOS AFのイメージだ。
旧モデルのkiss X8iに搭載されているハイブリッド CMOS AFと比べると合焦スピードが速く迷いが少ない。

 

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9i レンズキット

遠隔操作もできるCanon EOSkissX9iの通信機能

 

スマホなどとの連携については、Wi-FiとNFCそれからBluetoothの3つに対応している。

 

Wi-Fiとは無線LANと同じ意味で使われるが、2.4GHzとか5GHzという高い周波数の電波を使って通信する。

 

NFCはスマホでよく使われる近接通信のことで、約13MHzというような短波で通信するものだ。

 

Bluetoothは知っている人も多いと思うが、例えばスマホとイヤホンを無線でつなぐというもので、2.4GHzという高い周波数を使った近接通信に使われる。

 

Canon EOSkissX9iでは、無線によってスマホやPCとのデータのやり取りは言うに及ばず、Wi-Fiプリンターによる写真の印刷もできるし、カメラ同士のデータ交換も可能だ。

 

Canon EOSkissX9iのWi-Fiでできること

画像はキヤノン公式HP Canon EOSkissX9i「撮った写真はすぐにシェア」から引用しています。

 

そして、スマホを使うとCanon EOSkissX9iを遠隔操作できる。

 

これはスマホに映るCanon EOSkissX9iが捉えた映像を見ながら、静止画や動画をリモートで撮れる機能だ。

動画撮影機能が向上したCanon EOSkissX9i

EOSkissX9i

動画撮影についても触れておこう。
Canon EOSkissX9iは、FULL HD/60pの動画撮影ができる。

 

先に述べたデュアルピクセルCMOSAFによって、目標にピントが合った状態を保ち続けられるので、経験の浅い人でも綺麗な動画が撮れる。

 

画像は「EOSkissX9i 本格的な動画撮影」から引用しています。

 

また、手持ちで動画を撮る時には手ブレの心配があるが、このカメラのボディ内には5軸手ブレ補正機能があるので、極力手ブレのない動画になると言われている。

 

なお、このAF及び手ブレ補正は静止画でも絶大な効果を発揮する。

 

撮った動画はMP4というオーソドックスな記録形式で保存される。

 

そのためスマホに転送すればすぐ見れるし、SNSや投稿サイトなどにアップロードするのにも都合が良い。

 

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X9i レンズキット

 

AFの精度が格段に良くなった

常時接続できるWiFiが便利

5軸手ブレ補正機能搭載で動画撮影しやすい

Canon EOSkissX9iにオススメの交換レンズ

 

Canon EOSkissX9iのような一眼レフは、交換レンズを揃えるのが1つの楽しみである。

 

先に述べたように、このカメラはEF-Sシリーズのレンズと相性が良い。

 

ただ、EF-SシリーズのレンズはEFシリーズ比べて種類が少ないのが玉に瑕だ。

 

そして、ズームレンズが多く、適当な単焦点レンズが少ない。

 

入門機だからと言ってしまえばそれまでだが、どうしてもというのなら他社製のEFマウントのレンズを使うのだろう。

 

 

他社製でも写りの良いレンズは結構あるので、一眼レフに慣れてきたら検討して見たらいかがだろうか。

 

SIGMA 単焦点標準レンズ Art 30mm F1.4 DC HSM キヤノン用 APS-C専用

 

EOS kissX9iを買うならレンズキットがおすすめ

EOS Kiss X9i

それから一眼レフの入門者に便宜を図っているのか、このカメラはボディ単体での購入以外に、レンズを同時に購入するレンズキットあるいはダブルズームキットもある。

 

これらのキットに付属するレンズは、広い範囲を撮れる広角から遠くのものを捉えられる望遠までカバーするズームレンズだ。

 

当然人間の目で見た時に近い画像が得られる標準系も使える。

 

よって、どんなレンズにした良いのか迷うならキットで購入するのがオススメだ。

 

EOS Kiss X9i ダブルズームキット

 
トップへ戻る