純正を購入する前に知っておきたいEOS7DMark2互換バッテリー

純正品よりも優れたEOS7DMark2互換バッテリーチャージャー

EOS7DMark2 純正バッテリーパックLP-E6の持ち時間は?

EOS 7D mark2

 

CANONの人気デジタル一眼レフカメラ EOS7DMarkII はEOS7DMarkIIは、オールクロス65点AFや1秒当たり約10コマ連写性能などを実現したデジタル一眼レフカメラだ。

 

特徴的な機能のひとつが、AFフレームの多点化、クロス測距化を徹底的に追求したことにより、思いのままに被写体を精度高くとらえることが可能なっていることである。
高性能なデジタル一眼レフカメラのためバッテリーの消耗が激しいのが難点である。

 

このエントリーではEOS7DMarkIIのバッテリー事情の解決策を解説してみよう。

 

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark II EF-S18-135 IS STM レンズキット

この動画ではEOS7DMark2の連写性能の威力を表している。
写真を並べることで動画のようにも見えるほどの連写性能だ。

 

ちなみに当たり前ではあるがEOS7DMarkIIボディや、EOS7DMarkIIレンズキットにはバッテリーパックとバッテリーチャージャーも同梱されている。

 

lp-e6n

しかし、バッテリーパックやバッテリーチャージャーが1つでは心もとないというのが現実である。

 

EOS7DMarkIIの連続してライブビュー撮影できる時間は常温において約1時間30分とされている。

 

これは純正バッテリーパックのLP-E6をフル充電した状態のものをほぼ使い切る時間である。

 

当然だがシャッターボタン半押し状態を長く続けたり、オートフォーカス撮影や連写撮影の頻度や使用するメモリーカードなどにもよってもバッテリーの持ち時間はさらに短くなる。

 

また、バッテリーパックは使用するごとに劣化するものであるから、同じバッテリーパックでも徐々に使用可能時間は減少するのである。

 

つまりEOS7DMarkIIを使用する際には、バッテリーパックやバッテリーチャージャーを複数用意し、いつでも交換できるようにすることが撮影の必要最低条件である。

 

Canon バッテリーチャージャー LC-E6

純正品よりも優れたEOS7DMark2互換バッテリーチャージャー

 

実はEOS7DMark2のバッテリーチャージャーには互換製品がある。

 

この互換製品の中には純正品よりも優れたバッテリーチャージャーが存在する。
順を追って紹介していこう。

 

純正バッテリーと互換バッテリー 一体どっちがいいの??

 

Canon EOS7DMark2に標準装備のバッテリーは当然の話であるがCanon純正品だ。

 

バッテリーには実は純正品以外に互換バッテリーというものが販売している。
メーカー品とどう異なるかと言うと、主に海外で生産されている。中国製品が多いのもこの互換製品だ。

 

普通に利用できるのは間違いないのだが、少々バッテリーの持ちが悪かったり、急に電源が落ちたりするような初期不良品に出くわしたりする。

 

結論から言うと、お金に余裕があるのなら純正品のバッテリーを買うべきだ。

 

Canon バッテリーパック LP-E6N

 

偽物が多かったLP-E6がリニューアル

Amazon販売・発送を選ぶと安心

返品できるショップで購入すると良いです

 

結婚式や舞台など失敗が許されないプロのフォトグラファーやビデオグラファーであれば純正品を購入するべきだ。
万が一のことを考慮すれば数千円ケチるのはバカバカしい。

 

だがしかし、趣味の範囲で利用するのであれば互換バッテリーでも問題がないのではないだろうか。
バッテリーがいつ落ちてもいつでも交換できる。

 

互換バッテリーは大体であるが純正バッテリーのおよそ1/3~半額位の値段で購入できるのだ。

 

ちなみにCanon EOS7DMark2の互換バッテリーには2個同時に充電できる便利なものまである。

 

なんとバッテリーと充電器のセットで純正バッテリーの半額位の価格設定だ。
非常に安い。

 

実際にこの製品は私も使っているのだが、やはりバッテリーの消耗スピードは純正バッテリーよりもやや早いように思える。

 

しかし充電が満タンになるのも早いので、ちょい撮りのときは基本、互換バッテリーを使うようにしている。
割り切って利用すれば十分使える。

 

何よりもバッテリーの個数が増えれば安心して撮影に出かけられるのだ。
あなたもぜひ互換バッテリーを試してみて欲しい。

 
トップへ戻る