EOS6Dで動画撮影ならオススメの外付けマイクはDM-100がイイ!

EOS6Dで動画撮影ならオススメの外付けマイクはDM-100がイイ!

EOS6Dで動画を撮影するのなら、外付けマイクは必須

6D

キャノンが発売したEOS6Dは、フルサイズのデジタル一眼レフカメラである。

 

ビギナーでも求めやすい価格であったり、サイズも重さも持ちやすいことで、多くの人が利用している。

 

特筆すべきは、静止画の撮影だけではなく動画の撮影も可能であることである。

 

最近では、YouTubeなどに動画を投稿する人も多い。

 

やはり良い画質の方が多くの人に視聴してもらえるので、よりよいカメラで撮りたいところだろう。
その点EOS6Dであれば、画質という点では十分力を発揮してくれる。

 

Canon EOS6D レンズキット EF24-105mm F4L IS USM付

EOS6Dの外付けマイクはCanon純正の指向性ステレオマイク「DM-100」がオススメ

ただ気になるのが音質である。内蔵マイクが付いているとはいえ、やはりビデオカメラに比べると心持たない印象だ。

 

そこで用意したいのが、外部マイクの「Canon 指向性ステレオマイクロホン DM-100」である。ミニアドバンスアクセサリーシューを備えた、キャノン純正のステレオマイクロホンだ。

 

 

この動画ではユーチューバーのSOEJIMAXさんがDM-100を使用して音声収録テストをしてくれている。
動画1分50秒くらいからDM-100の収録だ。購入を検討しているなら、実際にどんな音になるのかチェックしてみよう。

 

DM-100はモノラル、ステレオどちらでも録音することが可能なため、目的や場所に応じて切り替えて収録することができる。

 

DM_100

 

また、このマイクの良いところはガンマイクとしても使えるし、ワイドマイクとしても使えるのが優れている。
ガンマイク、90度、120度と切り替えることが可能だ。
マイクの電源は、カメラから供給されるので別でバッテリーを用意する必要もない。

 

ウインドジャマーも標準装備なので、装着すれば風の音も入りにくくなり、屋外での撮影も容易になる。

 

Canon 指向性ステレオマイクロホン DM-100

 

ガンマイクとワイドマイクを切り替えれる外部マイク

ウインドジャマー標準装備

ホワイトノイズを抑えれる

 

いろいろと動画撮影をしたいと考えているのであれば、手元に置いておく価値のある商品だ。

トップへ戻る