【注意!】模造品が氾濫するEOS6D対応バッテリー

【注意!】模造品が氾濫するEOS6D対応バッテリー

【注意!】模造品が氾濫するEOS6D対応バッテリー

6D

EOS6Dは静止画のみではなく、動画撮影も可能である。
用途も多々あるため、一日中外で使用するという人も少なくない。

 

もし出先で充電が切れてしまったら、せっかくの撮影チャンスを逃してしまうことになる。

 

デジタル一眼レフカメラを利用するのであれば、予備のバッテリーは必須アイテムである。

 

Canon バッテリーパック LP-E6N

純正バッテリーと互換バッテリーの違い

LP-E6N

もともとカメラに付いているバッテリーとは別に用意することで、余裕をもった撮影ができるようになる。

 

大抵の人は一つあれば十分と言えるが、中には二つ用意するという周到な人もいるぐらいだ。

 

EOS6Dでは、「LP-E6」のバッテリーパックが対応しているが、気を付けたいのが純正とそうでないものがある。

 

キャノンの純正はもちろん販売しているが、少し値が高い。
一方互換性のある非純正に関しては、比べるとかなり格安で手に入れることができる。

 

バッテリーなので、性能に差異はないのだが、どちらを求めるのかというのは、その人の価値観になるだろう。

 

ただ、中には純正でない商品は、充電すらできないというトラブルもあるようである。

 

それに「LP-E6」は模造品が多く出回っているため、純正バッテリーを購入したつもりでも模造品をつかまされてしまう可能性がある。

 

キャノンのホームページでも模造品に注意するように喚起されているため、十分に気を付けなければならない。

 

少し値は張っても安心なものを選びたいのであれば、キャノンの純正のバッテリーパックを信頼のおける販売店で購入することをオススメする。。

 

実は現在Amazonでは「Canon バッテリーパック LP-E6N」が発売されている。

 

Canon バッテリーパック LP-E6N

 

安心感がある純正バッテリー

LP-E6は偽物が多いのでE6Nがオススメ

返品できるネットショップで購入するのが良いです

 

LP-E6NはEOS6Dでも使える上、正規品なので安心だ。

 

非純正や模造品でも使えなくはないだろうが、バッテリーの持ちや安全性の面で言えば、純正品を購入するに越したことはない。

トップへ戻る