CANON EOS KISS Mのメモリーカード購入時の注意点

CANON EOS KISS Mのメモリーカード購入時の注意点

CANON EOS KISS Mのメモリーカード購入時の注意点

EOS Kiss M

 

現在(2018年時点)でSDカードはUHS-IIの普及が始まっており、4K動画を撮影できるカメラはUHS-IIが推奨されています。

 

そんな中でCANON EOS KISS Mのメモリーカード仕様はUHS-Iです。

 

EOS KISS Mも4K動画が撮れるカメラなのでUHS-IIに対応してほしかったところです。

 

ではEOS KISS M用にメモリーカードを購入するならどれがオススメでしょうか?

 

キヤノン EOS Kiss M 【EF-M15-45 IS STM レンズキット】

 

この動画は、kadoyan-channelさんがSDカード購入の際の選び方について解説してくれてます。
参考になりますので、ぜひ視聴してみて下さい。

 

4K動画では最低でもUHS-I仕様が必要

 

CANON EOS KISS Mは4K動画が撮影できます。
しかしメモリーカードの転送速度が遅かったり、記憶容量が少なかったりすると、満足に4K動画あるいは連写撮影ができません。

 

そのためCANON EOS KISS Mは、4K動画撮影に最高転送速度が100MB/s程度のUHS-I仕様のメモリーカードを推奨しています。

 

UHS-I仕様のSDカードには50MB/sに満たない製品もあるので、そのような場合EOS KISS Mの4K動画撮影では不安が生じるでしょう。

 

そこでおススメのSDカードが SanDisk エクストリーム プロ SDXC UHS-II 64GBです。

 

サンディスク SDXCメモリカード 64GB Class10 UHS-IIエクストリーム プロ

 

このSDカードは UHS-II ですが、UHS-I仕様のEOS Kiss Mで使えないわけではありません。

 

互換性がありますので、問題なく使えます。
但しUHS-II仕様は後方互換性があり使えるものの、カメラ内部ではUHS-Iの転送速度になります。

 

つまりUHS-IIが本来持っている性能をフルに発揮するわけではありませんが、パソコン等とのデータのやり取りは、UHS-II仕様で行われるので、UHS-Iの3倍の速度で転送が可能になります。

 

将来的にカメラを買い替えた場合もUHS-II仕様のカメラを使う時に流用できるため損のない買い物だと言えるでしょう。

メモリーカードに書いてある事柄について

SanDisk エクストリーム プロ SDXC UHS-II 64GBの表面をみますと、数字や記号が沢山並んでいます。

 

目立つところに300MB/sとありますが、これはSanDisk エクストリーム プロ SDXC UHS-II 64GBの最高転送速度を表しています。

 

SDXCは記憶容量が64GB以上のメモリーカードの規格で、その横のIIがUHS-II仕様であることを言っています。

 

SDXCとIIの下にあるUの中に3と書いてあるのは、最低転送速度の保証を表す規格で、U3は30MB/sの転送速度を保証しています。

 

そして64GBの記憶容量ですから、長時間の4K動画や数多い静止画が記録できます。

 

もし余裕があれば、記憶容量がもっと多いメモリーカードにすると良いでしょう。

 

SanDisk エクストリーム プロ SDXC UHS-II 64GBは、現在販売されているメモリーカードとしては最高の性能のものです。

 

これでしたら4K動画もスムースに撮れますし、連写にも強く記録できるデータも多いので、メモリーカードを1枚で済ませられます。
元々信頼性の高いSanDiskの製品ですから、買って損はありません。

サンディスク SDXCメモリカード 64GB Class10 UHS-IIエクストリーム プロ

 

信頼背の高いSANDISK

将来性を考えればUHS-IIを買うべき

その他の販売店の価格を調べる

ヤマダウェブコム

カメラのキタムラ

参考になるSDカードの記事

ビックカメラ

GREEN HOUSE

 
トップへ戻る