CANON EOS KISS Mにオススメのマクロレンズはこれだ!

CANON EOS KISS Mにオススメのマクロレンズはこれだ!

CANON EOS KISS Mにオススメのマクロレンズはこれだ!

EOS Kiss M

CANON EOS KISS Mでマクロ撮影をするのでしたら、EF-M28mmF3.5 マクロIS STMがオススメです。

 

このマクロレンズは、35mm判換算で焦点距離が45mm程度となっており、標準レンズとしても使えます。
F3.5の開放絞りはマクロレンズとしては標準的で、一般の撮影で不満に思うことは少ないです。

 

マクロ撮影時にはこのF3.5が暗く感じる場合がありますが、レンズ前面にLEDライトを内蔵するという斬新なギミックがあって明るさを補えます。

 

キヤノン EOS Kiss M 【EF-M15-45 IS STM レンズキット】

 

この動画は、JETDAISUKEさんがEF-M28mm F3.5 マクロ IS STMの使用感をレビューしてくれてます。

 

マクロレンズのLEDライトについて長所・短所を解説してくれています。参考になるのでぜひ見てみましょう。

 

撮影倍率1.2倍を誇るマクロレンズ

EF-M28mm

マクロレンズと言いますと、近接撮影用に特化したレンズです。

 

このレンズの場合は、最短撮影距離が通常撮影モードの時に9.7センチメートルとなり等倍撮影が可能です。

 

ところがスーパーマクロモードの時には、最低撮影距離が9.3センチメートルになり1.2倍の撮影倍率で撮れます。

 

ここは他のマクロレンズが等倍撮影が最高倍率なのに対して、EF-M28mmF3.5 マクロIS STMが優位なところでしょう。

IMG_0894

 

写真は flickr EF-M28mm F3.5 作品から引用しています

そしてレンズ前面に内蔵されたLEDライトが、近接撮影の時の影を消してくれたり、暗いところでの撮影にも役立ちます。

 

大きさは径が約61mm長さが約46mm、重さは約160グラムと小型で軽くなっています。
手ブレ補正も3.5段分ありますので、撮影の失敗が少なくなるでしょう。

 

EF-M28mmF3.5 マクロIS STMの主な仕様
レンズ構成 10群11枚
絞り羽根 7枚
最小絞り F22
最短撮影距離 通常撮影モード時:0.097m

スーパーマクロモード時:0.093m

最大撮影倍率 通常撮影モード時:1倍

スーパーマクロモード時:1.2倍

質量 約130g
手ブレ補正効果 3.5段分

LEDライトは左右別々に点灯できる

このマクロレンズは最短撮影距離で撮影する時には、レンズ先端と被写体との距離が指1本分位しかありません。

 

そうしますと、カメラやレンズの影が被写体に映ることもあって、標準系のマクロを嫌う人もいます。
ただし標準系マクロでもLEDライトで照らしてみると、また別の画像になりますので、活用しない手はありません。

 

普通はLEDライトはオプションで別売りが多い中で、EF-M28mmF3.5 マクロIS STMは標準で備えています。

 

EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM

 

そしてレンズ先端の左右に配置されていて、左右独立してスイッチを入れることができます。
つまりLED点灯時は、左右両方あるいは右だけ、そして左だけと3通り選べます。

 

またLEDの明るさは2段階に調節できますので、同じ被写体のマクロ撮影でもLEDの設定によって様々な画像に変化します。

 

マクロレンズは思いっきり近づいて撮影するばかりでなく、テーブルの上にのっている被写体の撮影も得意です。
なにしろマクロレンズは近接撮影用に設計されていますので、近くの被写体の描画性能は他のレンズより優れています。

 

Canon マクロレンズ EF-M28mm F3.5 IS STM

 

LEDライトを搭載したマクロレンズ

ライトの当たっていないところが暗いのが欠点

被写体に限りなく近づいても影が生じない

その他の販売店の価格を調べる

ヤマダウェブコム

カメラのキタムラ

カカクコム

参考になるレビュー記事やレビュー動画

higashisa.com

PHOTO YODOBASHI

デジカメwatch

 
トップへ戻る