CANON EOS KISS Mのオススメ広角レンズはこれだ!

CANON EOS KISS Mのオススメ広角レンズはこれだ!

CANON EOS KISS Mのオススメ広角レンズはこれだ!

EOS Kiss M

CANON EOS KISS Mは、APS-Cサイズのミラーレス一眼カメラで小型軽量の入門機です。

 

これに合う広角レンズも、また小型軽量のものが望ましいでしょう。

 

そこでオススメするのはEF-M11-22mmF4-5.6 IS STMという広角ズームレンズです。

 

明るさも標準的でズーム範囲も広くて使いやすく、手ブレ補正が備わっているところも推奨する理由です。

 

キヤノン EOS Kiss M 【EF-M15-45 IS STM レンズキット】

 

この動画は、JETDAISUKEさんがCanon EF-M11-22mm F4-5.6 IS STMの使用感をレビューしてくれてます。
どんな写真が撮れるか作例と一緒に説明してくれており非常に参考になりますのでぜひ視聴してみて下さい。

 

EF-M11-22mm F4-5.6 IS STMの特徴とは

Canon EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM

このレンズは焦点距離が11mmから22mmの広角ズームレンズで、35mm判換算で18mmから35mmになります。

 

Canon EOS KISS Mに装着した時の画角は、11mm側で水平約91度、22mm側で水平約54度です。

 

画角が91度あると遠近感が強調されるので、広角レンズ独特の画像が撮れます。

 

一方の54度は標準レンズに近い画角ですから、人が見たときと同じような自然な画像になります。

 

IMG_0048

写真は flickr EF-M11-22mm F4-5.6から引用しています

最短撮影距離が15センチメートルと極めて近い被写体まで捉えられるのもすごいところです。
大きさは径が約61mm長さが約59mm、重さが約220グラムと軽量コンパクトですから持ち運びも楽でしょう。

 

EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM の主な仕様
レンズ構成 9群12枚
絞り羽根 7枚
最小絞り F22-32
最短撮影距離 0.15m
最大撮影倍率 0.3倍
質量 約220g
手ブレ補正効果 3.0段分

EF-M11-22mm F4-5.6 IS STMの長所・短所

まずはこのレンズの短所を指摘しておきましょう。

 

EF-M11-22mmF4-5.6 IS STMをCANON EOS KISS Mに装着した場合そのままでは撮影できないところがこの広角レンズの変わったところです。

 

しまっておく時に小型軽量にするためなのか、撮影時にはレンズの先端を伸ばすようになっています。

 

実際にはつまみを上げてからズームリングを回すのですが、これは少し面倒でしょう。

 

次にこのレンズの長所です。
まず描画性能ですが、Canon純正ということもあり光学性能は期待を裏切ることはありません。

 

各収差なども上手に補正されていますし、解像度も満足できるものです。

 

EFレンズとして初めて付けられたと言われる手持ち補正は、歩きながらの動画撮影でもきれいに撮れます。

 

またオートフォーカス性能は静止画ばかりでなく動画撮影でも素早いピント合わせができて、かつ静かです。

 

Reflective - Kyutei Omuro ,Kyoto 旧邸御室

絞り:F8.0 シャッター速度:1/80 ISO250

写真は flickr EF-M11-22mm F4-5.6から引用しています

 

EF-M11-22mmF4-5.6 IS STMは、開放絞りがF4からとなっていますが、F5.6から上を多用することになるでしょう。

 

ある程度絞り込んで撮影することで、中央部から周辺部まで歪みのない画像になるレンズのようです。

 

開放絞りは少し暗い感じがしますが、入門用の手軽に購入できる広角レンズですから性能を十分堪能して下さい。

Canon 超広角ズームレンズ EF-M11-22mm F4-5.6IS STM

 

沈胴式レンズでちょっとクセがある

手ブレ補正機能はシャッター速度3.0段分

軽くて持ち運びやすい広角レンズ

その他の販売店の価格を調べる

ヤマダウェブコム

カメラのキタムラ

カカクコム

参考になるレビュー記事やレビュー動画

デジカメinfo

PHOTOHITO

デジカメwatch

 
トップへ戻る