EOS M3のおすすめレンズはLEDライト付きマクロレンズ

EOS M3のおすすめレンズはLEDライト付きマクロレンズ

EOS M3のおすすめレンズはLEDライト付きマクロレンズ

EOS M3は幅広い撮影シーンに対応したカメラであり、交換式レンズも幅広く使うことができる機種だ。

 

しかし、EOS M3を所持しながらも、どのレンズを使えば良いのか分からないという人も少なくない。

 

そこでEOS M3のおすすめレンズとしては、EF-M28mm F3.5 IS STMがある。
このEF-M28mm F3.5 IS STMはマクロレンズと呼ばれるものだ。

 

LEDライトが内蔵した唯一無二のマクロレンズが便利!

マクロレンズとはいわゆる接写、マクロ撮影を行う時に使うレンズになる。

 

マクロ撮影は被写体を撮影する時の技法の一つで、画面いっぱいに被写体をクローズアップして撮影する。
花の写真などで見かけることが多い手法だが、これが一般的なレンズで行ってみるとかなり難しいことがわかる。

 

EF-M28mm F3.5 IS STMはその接写を行えるようにできるレンズだ。
比較的手にしやすい価格のレンズでありながらも、LEDライトを内蔵しているのが1つの特徴になる。

 

Canon マクロレンズ EF-M28mm F3.5 IS STM

 

ズーム倍率1.2倍の高倍率マクロレンズ

LEDライト搭載でとにかく明るく撮れる

高コントラストで歪みも少ない

接写をする時に被写体を明るくする効果があるのだが、両側点灯と片側点灯と2種類の明るさ調整ができるのもポイントだ。

 

また、ボタン操作1つで明るさの強弱を調整できるので、必要に応じて多彩なマクロ撮影が可能となっている。

 

また、最大撮影倍率が1.2倍というスーパーマクロモードも搭載しており、かなり使い勝手が良い。

 

そもそもEOS M3ユーザーからマクロレンズへの要望が高かったのもあるのだが、EF-M28mm F3.5 IS STMはその期待に見事答えた形になる。

 

一般的にマクロレンズでのライトはオプション発売されることが多く、レンズそのものに内蔵されているのはかなり珍しい。

 

しかし、その使い勝手の良さはいうまでもないだろう。

 

写真は https://www.dpreview.com/ のEF-M28mm F3.5 IS STM 作例を引用しています。

 

またEOS M3には、このおすすめレンズ EF-M28mm F3.5 IS STMがボディとセットになったレンズキットもあるのがミソだ。
最初からマクロレンズの購入を検討しているなら、セットで購入したほうがお得な価格になっているのでオススメだ。

 

Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M3(ブラック)・クリエイティブマクロレンズキット EF-M28mm F3.5 IS STM・EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM付属

 

マクロレンズとボディがセットになっています

単品でそれぞれ購入するよりもお得

ズーム倍率1.2倍の高倍率マクロレンズ

 
トップへ戻る