EOS M10で使えるマクロレンズ 人気ランキング1位はどのレンズ?

EOS M10で使えるマクロレンズ 人気ランキング1位はどのレンズ?

EOS M10で使えるマクロレンズがついに出た。EF-M28mm F3.5 IS STM

M10

EOS M10で使えるマクロレンズがついに出た。

 

Canon マクロレンズ EF-M28mm F3.5 IS STMだ。

 

実を言えば、これまでEOSM10に装着できるEF-Mマウントのマクロレンズがなかった。

 

満を持して発売されたこのマクロレンズ、かなり高い評価を得ているのだ。その理由を解説しよう。

 

LEDライトを搭載 光の向きを変えることができるのは便利!EF-M28mm

 

そもそも被写体に近づいて、アップを撮るということに特化しているのがマクロレンズである。
この時にどうしても影になってしまうことが多いのだが、EF-M28mm F3.5 IS STMではレンズの両側にLEDライトを搭載することで、この問題を解決している。

 

レンズにライトが搭載されることにより、影を出すことなく被写体の表情をより鮮明にすることができるのだ。

 

画像はキヤノン公式 EF-M28mm F3.5 IS STMから引用しています

さらにはこのライトなのだが、左右どちらかのみを点灯させることも可能なのである。
この機能によって、より被写体の表情をリアルに写し出すことに成功していると言って良いだろう。

 

Canon マクロレンズ EF-M28mm F3.5 IS STM ミラーレス一眼対応 EF-M28/F3.5 M IS STM

 

最大撮影倍率が1.2倍のマクロレンズ

最大撮影倍率1.92倍!スーパーマクロモードで驚異的な接写ができるEF-M28mm

 

この動画はCanonUSA公式HPのマクロレンズEF-M28mm F3.5 IS STMのサンプルムービーだ。

 

 

EF-M28mm F3.5 IS STMには最大撮影倍率が1.2倍となるスーパーマクロモードを搭載するなど、最先端の技術が搭載されているのも魅力だと言える。

 

35mm判に換算するのであれば、最大で1.92倍にまで達する距離であり、通常の撮影であってもワーキングディスタンスは13mmだ。

 

ちなみにワーキングディスタンスとはレンズの先端から被写体までの距離のことを指す。
つまりは、被写体に限界ギリギリまで近づいての撮影を可能にしている。

 

また、スーパーマクロモードになれば、0.093mmから0.11mmまでと驚くべきほどの撮影距離範囲となっているのが特徴だ。
普段の撮影では見ることのできない被写体の表情には驚かされるものがあるだろう。

 

EOSM10には標準レンズとマクロレンズがセットになったレンズキットが発売されている。
マクロレンズが格安で手に入れられるセットだ。まだカメラボディを購入する前ならこのレンズキットはオススメだ。

 

Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M10(ホワイト)・クリエイティブマクロ ダブルレンズキット EF-M28mm F3.5 IS STM EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM 付属

 

EOSM10と標準レンズ・マクロレンズがセットになってお買い得

ホワイトボディで女子にも大人気


Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M10(ホワイト)・クリエイティブマクロ ダブルレンズキット EF-M28mm F3.5 IS STM EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM 付属 EOSM10WH-CMWLK

 
トップへ戻る