EOS 80Dとパワーズームアダプターを購入するときに注意するべきコト

EOS 80Dとパワーズームアダプターを購入するときに注意するべきコト

EOS 80Dとパワーズームアダプターを購入するときに注意するべきコト

80D

EOS80Dは静止画を撮影するスペックとして、十分な性能を持っている。

 

ただ特筆すべきはそれだけではなく、動画撮影時にも大活躍をしてくれるということだ。

 

例えば、デュアルピクセルCMOS AFという機能がある。
これは、動き回る被写体に対して自動的に高精度でピントを合わせ続けてくれるものである。

 

これにより、常に高画質でスムーズな動画撮影が可能になったのだ。だから、EOS80Dを購入した人は、動画撮影をメインで利用する人も多いぐらいなのだ。

 

Canon EOS 80D レンズキット EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM

そこでおすすめなのが、動画撮影時のズーム操作をビデオカメラ並みに滑らかにする、パワーズームアダプター「Canon PZ-E1」である。

 

対応のEFレンズと組み合わせることにより、EOSシリーズの動画撮影時のズーム操作を電動化してくれるアダプターなのだ。

 

Canon パワーズームアダプター PZ-E1

PZ-E1

本体の側面にあるズームレバーを操作することで、まるでビデオカメラのような高速でスムーズな撮影を可能にしたのである。

 

ちなみに対応しているレンズは、「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM」である。

 

パワーズームアダプターと対応レンズはほぼ同時に発売されており、組み合わせて利用することが推奨されている。

Canon 標準ズームレンズ EF-S18-135㎜ F3.5-5.6 IS USM

 

スムーズなピント合わせができる新型レンズ

パワーズームアダプター対応

動画撮影に最適

どちらも備えるとなるとかなりの費用にはなってしまう。
少なくても10万円はかかってしまうと思っておいてよいだろう。

 

もし、EOS 80Dを購入する前からパワーズームアダプターを購入予定であるなら、Canon EOS 80D レンズキット EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM付属のものを購入するべきだ。

 

パワーズームアダプターは動画撮影メインで利用している人には、是非とも揃えておきたいアイテムだ。

 

Canon パワーズームアダプター PZ-E1

 

ビデオカメラのような滑らかなズーミングが可能です

ズームスピードを2段階で変更できます

対応レンズが今のところEF-S18-135㎜ F3.5-5.6 IS USMのみ

 
トップへ戻る