80Dにつけるマクロレンズを選ぶときに注意したいコト

80Dにつけるマクロレンズを選ぶときに注意したいコト

80Dにつけるマクロレンズを選ぶときに注意したいコト

EOS80D

 

EOS80Dにはズームレンズキットの購入がオススメだ。ちょっとした外出や旅行にEOS80Dを持っていくときに使い勝手の良いズームレンズはとても便利だろう。

 

そして撮影になれて来たら今度は、単焦点レンズに興味がわいてくるだろう。
単焦点レンズの中でとくにハマるのがマクロレンズだ。

 

各レンズメーカーからキヤノン専用の優れたマクロレンズが取り揃えられている。
もちろんEOS80Dに取り付けることができるマクロレンズはたくさんある。

 

このエントリーではその中でもEOS80Dにオススメのマクロレンズを紹介しよう。

 

Canon EOS 80D レンズキット EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM

マクロレンズを選ぶときは絞りの数値が重要?オススメのマクロレンズはどれ?

 

この動画では後で紹介するTAMRON の SP AF60mm F2 DiII MACRO 1:1 キヤノン用マクロレンズで撮影した作品が紹介されている。

SP AF60mm F2 DiII MACRO 1:1

花とか昆虫のような小さな被写体を大きく撮影したいと思っているのであれば、マクロレンズを用意すると良いだろう。

 

マクロレンズを選ぶ場合には、小さな被写体にある程度近づいて手に持った状態で撮影することも多い点に留意する必要がある。

 

そうなってくると、自分の影で写真が暗くなりやすい。そのため明るいレンズのほうが美しい仕上がりが期待できる。

 

中でもEOS80Dに搭載するレンズとしておすすめしたいのが、TAMRON 単焦点マクロレンズ SP AF60mm F2 DiII MACRO 1:1 キヤノン用だ。

 

TAMRONの単焦点マクロレンズはとにかく性能を重視しているレンズで、高画質の写真撮影が楽しめる。

 

TAMRON の SP AF60mm F2 DiII MACRO 1:1 キヤノン用マクロレンズはキヤノンユーザーの中でも非常に評価が高い。

 

またTAMRONの単焦点マクロレンズは大型のLDを2枚使用することで、F/2という明るさを実現している。

 

ちなみにLDとはタムロン特有の低屈折レンズだ。色収差も低減できる高価なレンズである。

 

レンズは大口径化すると収差変動がどうしても大きくなるものだが、極力抑えているので美しい画像に仕上がるのだ。

 

Black Eyed Susan

 

写真は flickr SP AF60mm F2 DiII MACRO 作品から引用しています

 

TAMRONのマクロレンズはその他にもレンズ貼り合わせ面にインターナル・サーフェイス・コーティングや新BBARマルチコーティングなどを採用することで、ゴーストやフレアーといった現象が起きるリスクを最小限に抑えている。

 

アウトフォーカス部にはやわらかくぼけた感じに仕上げられるので、ポートレート撮影をする時にも使えるレンズと言って良い。

 

TAMRON 単焦点マクロレンズ SP AF60mm F2 DiII MACRO 1:1 キヤノン用

 

タムロンの人気レンズ

明るいマクロレンズで初心者でも撮りやすい

強力なAFで写真が美しく仕上がる

 
トップへ戻る