EOS9000DはEF-S18-135mmキットがなぜ人気なの?

EOS9000DはEF-S18-135mmキットがなぜ人気なの?

EOS9000DはEF-S18-135mmキットがなぜ人気なの?

9000D

EOS 9000Dはズームレンズ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USMとのレンズキットが最も人気が高い。

 

ダブルズームレンズキットも用意されており、初心者にはかなり低価格で2本のレンズを手に入れられるようになっているのだが、EF-S18-135mmレンズキットのほうが売れているようだ。

 

EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USMのほうが使い勝手が良いのだろうか?

 

ここではEOS 9000Dのキットレンズ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USMの使用感を検証しよう。

 

Canon EOS 9000D レンズキット EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM 付属

EOS 80D発売時にリニューアルされたEF-S18-135mm

EF-S18-135mm レンズキットは、EOS 9000Dのボディと Canon 標準ズームレンズ EF-S18-135㎜ F3.5-5.6 IS USMのセット販売のことだ。

 

このデジタル一眼レフカメラは、一応入門用とされているのでレンズとボディをセット販売することで、一眼レフカメラ初心者の便宜を図っているのだろう。
そして、価格的にもお得感がある。

 

EF-S18-135㎜ F3.5-5.6 IS USM

 

ズームレンズとしてのCanon 標準ズームレンズ EF-S18-135㎜ F3.5-5.6 IS USMは、広角から望遠までカバーしているので、とりあえずこのズームレンズだけで幅広い撮影シーンをカバーできる。

 

これがEF-S18-135mm IS USM レンズキットの人気の一端を担っているのだろう。

 

実はEF-S18-135㎜ F3.5-5.6 IS USMはEOS 80Dの発売と同時にリニューアルされ、キットレンズとして発売されたものだ。

 

Canon 標準ズームレンズ EF-S18-135㎜ F3.5-5.6 IS USM

 

この動画ではEOS80Dのレンズキットとして発売したばかりのEF-S18-135㎜ F3.5-5.6 IS USMがレビューされている。
動画1分55秒ぐらいでどのようなレンズに生まれ変わったのか詳しく解説してくれているのでぜひ視聴してみよう。

 

パワーズームアダプターと相性が良いEF-S18-135㎜ F3.5-5.6 IS USM

 

それでは、もう少し詳しくCanon 標準ズームレンズ EF-S18-135㎜ F3.5-5.6 IS USMを見てみよう。

 

Canon 標準ズームレンズ EF-S18-135㎜ F3.5-5.6 IS USMは、515gの重量と96mmの長さだから高倍率のズームレンズにしては扱いやすい。

 

画角は焦点距離が18mmの時に約75度だから、これは人が視野を広げてあたりを伺う時と同じくらいだ。

 

少し焦点距離を伸ばして35mmから40mmとすると、人が普通にものを見る時の画角である45度前後になる。

 

そして、更に焦点距離を伸ばせば、人がものを注視するような画角になるし、望遠の端の方まで伸ばせば双眼鏡で見るのと同じだ。

 

Canon パワーズームアダプター PZ-E1

 

それから、Canon 標準ズームレンズ EF-S18-135㎜ F3.5-5.6 IS USMには、強力な手ブレ補正機能と速くて正確かつ静かなAFが搭載されている。

 

また、別売のパーワーズームアダプターを装着すれば、電動ズームとしても使える。

 

Canon パワーズームアダプター PZ-E1

 

さらに驚きなのは、この電動ズームはスマホとそのアプリを使って遠隔操作もできるそうだ。

 

こんなところも、このレンズキットが人気の理由かも知れない。

Canon EOS 9000D レンズキット EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM 付属

 

使い勝手が良いEF-S18-135ズームレンズ

AFが速くなっている

パワーズームアダプターと併用すると便利!

 
トップへ戻る