EOS1DXmark2にEF24-70mm は本当におすすめレンズと言えるのか?

EOS1DXmark2にEF24-70mm は本当におすすめレンズと言えるのか?

EOS1DXmark2にEF24-70mm は本当におすすめレンズと言えるのか?

1dx-2

EOS1DXmark2の標準レンズの最高峰と言えるのがこのEF24-70mmF2.8LⅡUSMだ。

 

標準レンズとは焦点距離50mmを撮影領域に持っているレンズのことで、50mmの焦点距離が人の目で感じているものに近いことから標準と言われている。

 

そのためまずは標準レンズを持ちたいと思うのが自然な流れだ。

 

そしてEOS-1D X MarkIIを扱うプロのフォトグラファーの方でEF24-70mmF2.8LⅡUSMを愛用する人は多い。

 

スナップ写真を撮るときのスタンダードなレンズとして使用できるからだ。
しかし、それはある程度一眼レフカメラのことが分かっている人の話で、初心者にとってEF24-70mmF2.8LⅡUSMは本当に使いやすいレンズなのだろうか?

 

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS-1D X Mark II ボディ EOS-1DXMK2

キットレンズがないEOS-1D X MarkIIで最初に選ぶべきレンズとは?

この動画はユーチューバー瀬戸弘司さんがEF24-70mmF2.8LⅡUSMの商品レビューをしている動画だ。
2013年の動画であるが、EF24-70mmF2.8LⅡUSMの特長を分かりやすく解説してくれている。
透明感のある描写になる特長のあるレンズだ。

 

キットレンズがないEOS-1D X MarkIIはキヤノンユーザーに提供することを前提とされているかのような機種である。

 

もちろんEOS-1D X MarkIIを購入する大半の人がすでにキヤノンEFレンズを持っていると思うが、まず最初に準備したい標準ズームレンズが20万円近くするのはハードルが高い気がするのも無理はない。

Foregate Street c1950

 

写真は flickr EF24-70mm F2.8L II USM 作品から引用しています

 

しかし、作例等を見るとEF24-70mmF2.8LⅡUSMは何気ない風景を芸術的な雰囲気に撮影してくれるレンズと言っても過言ではない。

 

標準の焦点距離は文字通りユーザーが最も使用する撮影域となるので、EF24-70mmF2.8LⅡUSMを使えばほぼすべての写真のレベルが上がるといっても良いだろう。

 

標準レンズはそれほど大事なものなのだ。EF24-70mmF2.8LⅡUSMは長く使えるレンズであると言えるだろう。

 

EOSを買う人のほとんどが欲しいと思うレンズなのだ。
初心者が手を出すことが出来ないような値段であるのだが、経済的に余裕が無い人は少しずつお金を貯めてでも目標としたいレンズの1つとも言える。

 

Canon 標準ズームレンズ EF24-70mm F2.8L II USM フルサイズ対応

 
トップへ戻る