EOS1DXmark2の液晶保護フィルムを張り付けるときの注意点

EOS1DXmark2の液晶保護フィルムを張り付けるときの注意点

EOS1DXmark2の液晶保護フィルムを張り付けるときの注意点

1dx-2

スマートフォン、タブレットなどタッチパネルが存在するものには液晶保護フィルムを張り付ける人は多い。
これは画面を指で直接触るため、つめによる傷や指紋などの汚れから液晶パネルを守ることが目的だ。

 

プロのフォトグラファーのなかにはカメラの液晶パネルに保護フィルムをつけると画面が見にくくなるという人も一定数存在する。

 

EOS1DXmark2には液晶保護フィルムをつけるべきかどうか悩むこともあるだろう。
このエントリーではEOS1DXmark2と液晶保護フィルムについて解説しよう。

 

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS-1D X Mark II ボディ EOS-1DXMK2

EOS1DXmark2に液晶保護フィルムをつけるべきかどうか?

 

結論から先に言うと、EOS1DXmark2には液晶保護フィルムをつけるべきだろう。
EOS-1D X Mark IIは旧機種のEOS-1D Xから基本的な操作性は変わっておらず、EOSのハイエンド機種を使用していたのであればそれほど迷うことはない。

 

ただ一点変わったのはタッチパネル機能が備わったことだ。
だからといってボタンやダイヤルが減ったわけではないのだが、やはりいざ使い始めるとタッチパネルの便利さを感じざるを得ない。

 

指紋汚れやひっかき傷から液晶画面を守るためには液晶保護フィルムの装着をお勧めする。

 

EOS-1D X Mark IIの液晶保護フィルムを選ぶときに知っておきたいコト

液晶保護フィルムには大きく分けて2種類のものがある。
フィルム製のものとガラス製のものがあるのだ。

 

フィルム製のものは画面に対して密着して貼ることが出来るという特性がある。

 

画面に対してすき間が出来ないのでゴミが入ってくる心配が少ないのだ。
しかしガラスに比べて強度は弱いので、落とした時や何かに液晶がぶつかった時には危険である。

 

EOS-1D X MarkII対応の液晶保護フィルムで人気の製品はHAKUBA デジタルカメラ液晶保護フィルムだ。

EOS-1D X Mark IIオススメの液晶保護フィルム HAKUBA

ガラスは強度が高いので液晶保護としては最適のものであると言える。
しかし、ガラスであるがゆえに曲げたり切ったりすることは難しい。

 

機種に合った専用のフィルムでなければぴったりと合うことは無いのだ。

 

EOS1DXmark2ではKenkoPRO1D液晶保護ガラスという液晶保護ガラスが人気だ。
これを選択しておけば間違いは無いだろう。

Kenko 液晶保護ガラス PRO1D Canon EOS-1D X用

液晶保護フィルム・ガラス貼付けの時の注意点

張り付けるときの注意点としてはまず画面のホコリをしっかりと取っておく必要がある。

 

次に張り付けている途中で気泡を入れないようにする必要があるのだ。

 

最近のものはこすると気泡が出ていくものもあるので十分に説明書を読んで装着しよう。

 

またフィルムによってはタッチパネルの反応が少し遅くなるかもしれないことも注意しておくべきである。

 
トップへ戻る